2020-06-26

新ツール

いまさらという感じもありますが、
看護大でも感染症の拡大に備えて、7月には
インターネットを使った授業ができるように
プラットフォームを整えておこう、という
目標をたてています。

Zoom とか YouTube などのサービスを使えば、
ある程度のことはできると思いますが、
大学としては、何かプラットフォームを準備
したかったみたいです。

もしかしたら他人事のように聞こえるかも
知れないですけど、ボクは基本的に既存のシス
テムとの親和性なんかについて確認をしている
だけなので、新しく入れるシステムの選定に
方向性を示しているわけではないんです。

ボクも遠隔授業の準備グループに入っていて、
何度も業者さんと打ち合わせはしているけど、
システムを選んでいるのは、むしろ事務だとか
教務関係の人たちです。もし批判的な意見を
お持ちだとしても、ボクに遠慮することは
ありません。ボク自身は、今度のサービスに
肯定的でも、批判的でもないです

●●●

そのプラットフォームとして、看護大では
Microsoft社のTeams というクラウドのツール
を利用することにしました。
夏の機材更新で、メールをクラウドに持って
行こうよということは要望していたので、
その流れも影響しています。

もう、学内ユーザーの登録を終えているので、
ふつうに動く状態になっていて、木曜日は
教員のみなさんに向けた使い方のガイダンス
もありました。

ただアレなんですよねぇ、

Teams って、ある種のグループウェアだから、
遠隔授業に特化したサービスでもないと
思うのですよ。その点については、ユーザーの
みなさんがギャップを感じなければよい
けれど・・・、とは思います。

●●●

さっそく7月初旬に利用を考えている
先生がいるようなので、使い勝手については、
もうじき話が聞けそうな感じですが、
個人的にはルールの整備を気にしています。
いまは事務局の人も動いてくれているけれど、
そのうち関わる人は変わるわけで、たとえ
紙に書いても、そのうち曖昧になって
ゆくものですからね。