2020-04-02

クレームだとしても。

年度が変わったので、今期もそれに
合わせて学内のメーリングリストを更新
しました。何度も経験しているのに、
ホントに慣れないというか、効率よく
できないです。(涙)
それでも、今年は早めにアドレスの登録を
していただいたので、わずか2営業日で
確認までこぎつけることができました。

ありがたいです。

リストの更新は、設定ファイルを
編集するわけですが、どうしても手で
入力するので「まつがい」があったり
するんです。

●●●

でね、なぜかこのタイミングで、
大学事務局に修了したかたから連絡が
入ったらしいのですよ。

「なぜか、まだメールが届きます」と。

このところ、メールサーバーが快速で
ないことがあって、自分でも設定ミスを
疑っていたわけですが、そのお知らせに
よって、ひとつ、ミスを見つけることが
できました。

なるほど、これなら届くかも・・・。
(勉強になります)

もちろん指摘によって気づくという
のは、望ましくはないのだろうけれど、
この半年ぐらいを振り返ってみると、
ユーザーのお知らせによって、何度か
救われているような気がします。

それが「クレーム」だったとしても、
結果的にレスポンスをしてもらえたのは、
とてもプラスになったわけです。

2020-04-01

シロウトはマジで心配なんよ。

年度が変わりました。

よく考えてみると、令和元年度と言って
いたりしたけれど、少なくともスタート
したときは平成31年度だったわけで、
ある意味では、この4月で本当に平成が
終わったことになるような気もしています。

個人的には、こんなに混乱しているなかで、
いつもと同じように異動を命じてしまう
役所って・・・、と思ったりもしますが、
首都圏も役所の人事異動って、普通に
やっているのでしょうか。

学内でも対策マニュアルが配布された
りしていますが、マスクも消毒薬も在庫が
無く、本当に大丈夫なのか・・・という
気持ちは、ずっとしています。
大学は授業を始める準備をしていますが、
ボクは、個人的に感染拡大に備えて、
軽症の感染者に体育館などの提供をする
ぐらいの準備をしていてもよいのでは
ないかと考えているぐらいです。

いまは陽性反応の人は、入院することに
なっていますが、もし感染者が増えて
しまったら、軽症者は自宅待機という
方針に変更されると思うのです。
(つまり特別な対策はしないということ)

もちろん自宅で静養も意味はあるで
しょうけど、最終的に武漢が実施したように、
軽症者はどこかに滞在してもらって、
病院は重症者が入院する方がよいのでは
ないかと思ったりします。

●●●

アンタは医学的な知識がないから余計に
不安になっていると言われるだろうし、
まさにその通りなんだけど、まだ余裕が
あるうちに、プロにはいろいろと備えて
おいてほしいと願うばかりです。


2020-03-31

年度末

あと数日で、学生さんたちが情報処理室を
使うようになります。使うこと自体は
よいのですが、感染防止をどうするか悩んで
いるのですよねぇ・・・。

キーボードと、マウス。

たいていは、パソコンをしているときって、
無意識のうちに顔とか頭を触りますよね。
ウイルスが付着していたら、じつは激ヤバ
なんですわ、あれ。

かと言って、全台にスプレーする量の
アルコールも無いし、ぶちまけたとしても
機材が故障しないという保証もないわけで、
ホントに悩ましいです。
使用中は顔を触らず、使用後に手を洗う
ことは注意できるけど、薄手の布グローブ
ということもありえるかな・・・と。
(これからの季節はツラいけど)

●●●

年度末に機密書類の廃棄があって、
台車を押していたら、図書館前に人が
集まっていたので、何かと思ったら、
真ん中に花束を持ったハス兄がいました。
臨時だったので、本日までの勤務だった
ようです。

タイミングよく会えてよかった・・・。

で、ちょっとしたらエレベーターのドアが
開いて、たまたま学長が出てきました。
それを見たハス兄が一言、

「あ、わざわざ、どうも」

その場が笑いに包まれたのは、言うまでも
ありません。

●●●

異動になるかたには、お一人をのぞいて
声をかけることができたような気がする
けれど、みなさん、これからもどうぞ
元気でご活躍くださいませ。

2020-03-30

にいくさ。

全世界が感染症で大変なことになって
いるのとは関係なく、春は着実に訪れて
いて(月曜の宮崎は雨で、ちと寒いけど)、
先週から学内のサクラもポツポツと
咲き始めていて、雨が降っていないときは、
里山からウグイスの鳴き声が聞こえて
きたり、貯水池や水の入った田んぼから
カエルの大合唱が聞こえるようになっていて、
現実と非現実が混在しているかのような、
ある意味で無情というか、不思議な
感覚になります。

何となく、震災の後がそうだったような
気がします。

●●●

季節が移りかわる時期なだけあって、
このところ雨の日が多いというか、
天気が周期的に変化しています。

去年、おととしと、自宅まわりに生える
チガヤの穂をとっていたこともあって、
そろそろ新草が出る頃だと思っていました。
チガヤも本当は根もとから抜くのが
よいのでしょうけど、しっかり根を張って
いるので、穂だけとっていました。
穂ができてからしばらくすると、綿毛に
なってタネが飛ぶので、クラスタの
封じ込めと同じです。

・・・で、昨年は、ある時期に一斉に
穂が出たような印象があったので、
期間が決まっているのかと考えていた
わけですが、早くもいくつかの株で穂が
出ているのを見つけました。

明らかに早いけど、あれってある種の
戦略なのだろうか・・・。

雑草は生え始めにとっておけば、
その後がたぶん全然違うと思いますが、
春先は何かと予定があって、なかなか
できないのですよねぇ。

2020-03-29

せつない。。

この春、異動になるかたが何人かいらして、
メールで学内に挨拶が届いています。
2週間前に卒業した学生さんたちも、
多くの人は数日後に医療機関での勤務が
始まるわけです。このタイミングの
出発ですから、本人も周囲も、いろいろ
複雑な思いがあると思います。
今年の卒業生の中にも、大都市の病院に
就職する人たちが何人もいます。
仕事とは言え、封鎖が議論されるような
地域に向かうだけでも、勇気がいること
だと思うし、最前線でケアにあたる
使命感に、頭がさがります。

こんなこと言うと、批判されるかも
知れないけれど、ほんの数週間前まで
顔を見ていた学生さんたちなので、
正直なところすまない気持ちというか、
切なくて、涙が出そうです・・・。

●●●

3月29日の宮崎県内の感染症病床数は
31だそうで、COVID-19による入院者は2名、
累積退院者が1名ということなので、
いまはまだ大きな騒ぎにはなっていません。

ただ、どこまで県内に拡がっているのかは、
わかりませんし、進学や就職の移動がある
時期に重なっているわけです。大都市の
封鎖を嫌ってコロナ疎開をする人たちが
現れたりすると、危ういです。

感染しても、8割は軽症ですむと言われて
いたりしますが、個人的にその8割に入る
自信はまったく無いです。

2020-03-28

そもそも、現状は?

遅ればせながら、Nスぺを見ました。
クラスタを把握して、その先の感染を
防ぐというのが国内の戦略であるという
印象を受けました。
言われてみればそうなのですが、感染
ルートがつかめない患者が増えていると
いう事情を考えると、その対策方法も
限界があるだろうから、都市の「封鎖」とか
「医療体制の不足」という想定が現実味を
増したような気がしました。

行動指針を示すのは大切ですが、現行の
受け入れ態勢にどの程度余力があるのかを
知らせないと、のんきに花見をしちゃう人が
現れるような気もします。

ダッシュボード

マスクだって、どれぐらい生産されていて、
どれぐらい供給されるのか、もう少し
詳しく示したらよいと思いますけど、
あえてしていないのでしょうか・・・。

●●●

3月28日の朝日に、ちょっとだけ書いて
ありましたが、例年であれば国内の供給量は、
月に4億枚なのだそうです。今年は1月に
9億枚売れた週があったらしいですが、
1月からずっと品薄が続いていますよね。
3月は6億枚の供給を見込んでいるようなので、
すでに増産はしているのでしょうけど、
4月はさらに増やして7億枚の予定だそうです。

ちょっと前に、品薄は解消という会見が
あったような気もしますが、見誤ったという
ことなのでしょうかねぇ・・・。

医療・介護分野への供給は、わけて考える
べきでしょうけど、日本中の人が必要として
いるわけですよね、たとえば3,000万人が
1日1枚使ったら、たとえ6億枚あっても
20日で消えるわけです。

別の手段でも見つけない限り、解消する
わけないと思うけどなぁ。

2020-03-27

ダッ、ダイソン。

掃除機で有名なダイソン社の社長に
英国の首相から電話が入ったそうです。

「人工呼吸器を製造できないか」

というリクエストだったみたいです。
(TBSニュース, 2020-03-27)

木曜だったか水曜だったか忘れて
しまったけど、夜のニュースで人工
呼吸器の生産には熟練工が必要なので、
増産は難しいと国内メーカーがコメント
していたのを思い出しました。
それで、ダイソンが気流を扱うとはいえ、
人工呼吸器はさすがに無理やろ・・・と
思ったのですが、電話からたったの
10日間で設計開発してしまったようで、

「うわ、凄げぇ」

ってなりました。

人工呼吸器を扱うには、やはり専門的な
スキルが必要になるらしいから、それで
問題が解決するわけではないと思うけれど、
ダイソンは短期間で大量生産ができると
言っているので、かなり驚きました。

世の中には、すで3Dプリンターなる優れ
モノが存在していたりもするので、
そういうアイテムも、うまく利用できると
素晴らしいですよね。

●●●

てか、ダイソンはイギリスのメーカー
だったのですね。マジ知らんかった・・・。