2020-07-12

抵抗

ボクが宿舎周りの草とりをするときの道具は、
いくつかあるんですけど、動力を使うのは
次の3つです。

(1) 電動チップソー
(2) 電動バリカン
(3) 電動小型バリカン

その順番に、草をとる範囲が狭くなりますが、
機材も小さくなりますので、扱いやすく
なります(使い方が簡単になるという訳でも
ないですけど)。
チップソーというのは、回転ノコギリ刃の
ことです。ケガをしたり、させたりしないための
注意も必要ですが、固いものに当たると刃先を
痛めるので、コンクリートの「キワ」は
できません。

シルバーさんたちは、同じく先端を回転させる
機材を使っていますが、チップソーではなく、
ナイロンコードを使っています。しなやかな
線維を高回転させるので、これだとキワキワの
草もとることができます。

チップソーを購入したときから、アタッチ
メントを変えてあげれば、ナイロンも使える
のではないかと思っていましたが、購入しても
規格が合わないと取り付けられないと
思っていたので、ちょっと控えていたんです。

でもでも、NAFCOさんで取り付けられそうな
機材を見つけたので、ダメモトで取り付けて
みたのですよ。そしたら、少し軸のズレは
あるけど、固定することができたので、
梅雨の合間を見計らって、土曜日に動かして
みたんです。

思っていた以上の範囲で、草がとれたし、
キワも地面も付近も、ギリギリまでコードを
あてることができましたが、5分もしない
うちに、機材に異変がおきました。
最初はアームがあたたかくなっているのに
気づき、モーターと電池を触ってみたら、
かなり熱くなっていたんです。

大丈夫かな・・・と思いながら、続けようと
思ったら、すぐに停まってしまいました。
どうも電池に負荷がかかりすぎたようです。
チップソーなら、電池の残量が少なくなるまで
20分ぐらいは使えますので、かなりの無理が
かかったみたいです。考えてみると、ナイロン
コードは刃物ではないので、摩擦は格段に
大きいわけですよね。

シルバーさんたちは、燃料エンジンの機材を
つかっているので、ずっと使えますが、
ボクが使っている電動の機材には、荷が重すぎ
たようです。

2020-07-11

加齢と血液

つくづく「若返り」なんていう言葉は、
若い人にはわからない発想・・・というか、
きっと、そういうことを考え始めるという
ことが、若くない証左なのでしょうね。

ちょっとまえに、階段で助手さんから
とつぜん声をかけられたんです。

「ついにきました」と。

何事だろうと思って、聞いてみると、

「まえに、近くが見えるうちに論文を読んで
おいた方がいいよ・・・って、話してくれた
じゃないですか。最近、あぁ、これか、
と思い始めているんです」

と言うのです。ハハハ、と笑いながら、
そんなこと言ってたんだっけ?と思い
返していました。(汗)

ともあれ、ようこそ、こちら側へ。

●●●

10年以上まえに、若いマウスと、高齢の
マウスの血管を外科的に繋いでみたところ、
高齢マウスの身体の一部が若返り、若い
マウスは加齢の兆候が見られたという
実験の結果が発表されました。

原因の解釈として、

(1) 若いマウスの血液に何か再生能力を
促す物質が含まれている、
(2) 高齢マウスの血液には、何か特定の
物質が存在し、再生能力を低下させる

という方向性があったりするわけですが、
ある研究チームが、両方とも人工的に
調整したピュアな血液(生食にアルブミン
を加えたもの)を混ぜたら、同じような
結果が得られるのでは・・・?と考えて、
実験をしました。

で、やってみたら、若いマウスに大きな
変化は無かったのですが、なんと高齢の
マウスには若返りが見られたというのです。
しかも、若いマウスの血液と混ぜたとき
よりも優れた効果があったらしくて、
どうも、若さを発現させる何かというより、
高齢マウスの血液には、再生能力を
阻害する何かが含まれているみたいです。
(doi.org/10.18632/aging.103418,
論文では自己調節に関わる血中タンパクの
希釈が、ある種のスイッチになっている
のではないかと考察している)

年齢とともに、血液も濃く(九州では
濃ゆく)なるみたいっス。

●●●

ただ、選択的に除外できるかとうかも
わからないし、抜けたとしてもトータルで
見て、プラスなのかもわからないので、
興味深いけど、微妙な話だよね。

何となく瀉血を思い浮かべてしまうのは
ボクだけかな・・。

2020-07-10

国境。

いま韓国で「愛の不時着」というドラマが
話題になっているそうで、いつだったか
忘れたけれど、新聞にも紹介されていました。
詳しいストーリーまでは、わかりませんが、
パラグライダーで飛行中に風にあおられて
国境を超えて不時着してしまった韓国女性と、
北朝鮮の軍人男性とのラブストーリー
だそうです。

・・でね、ドラマの展開もさることながら、
劇中で描かれている北朝鮮の日常が驚くほど
リアルで、その点も注目されているみた
いです。

さすがに風に流されるような事故は起き
ないというか、そんな場所はドローンだって
飛ばせないような気もしますが、それぐらい
の距離だというのは事実ですよね。

●●●

やはり少しまえの新聞に、南北で生き別れに
なっている親子の話が載っていました。
そうした家族を再会させようという動きはある
そうですが、その親子は、いまも電話ができて
いるので、それほど急がないというのです。

えっ、個人レベルで通話?と思いますよね。

どうも、ブローカーが間に入っているようです。
そのブローカーは、中国との国境付近にいて、
北朝鮮側の携帯端末と、中国の端末を持って
いるらしいのです。北朝鮮にいる母親は、
北朝鮮側の端末に電話をかけ、韓国の子どもは、
同じ人の中国の端末に国際電話をかけます。
そのブローカーは、両方につながった2台の
携帯端末を近づけて、媒介的に通話させて
いるらしいです。

これって「ITの勝利」を意味する事例なので
しょうか、それとも「ITの敗北」
でしょうか・・・。

2020-07-09

おかもち。

いまどきは、大学が出前講義を提供
していたりするけれど、出前と言えば、
飲食店の出前ですよね。
ボクはこの10年ぐらいで考えてみると、
お店に出前を頼んだことって、ほぼ無い
ような気がします。

1人ぶんは何だか注文しずらい、という
感覚もあるんですどね・・・。

そば屋さんなんかが出前に使うアルミの
箱って学生さんも見たことはあると
思いますが、「おかもち」と呼ばれて
いるのを知っていますか?

ボクは、わりと後になってその名を
知ったし、漢字で「岡持ち」と書くとは
最近まで知りませんでした。
てか、いまでも何で「岡」という字を
使うのか、わからないので、知っている
人がいたら、おしえてください。(汗)

子供の頃、バイクの後ろに岡持ちを
くっつけて配達する様子をしばしば目に
していましたが、荷台についている
仕掛けの意味も性能も、まったく
知らなかったです。ずっと「もっと
スマートにできないものだろうか」と
思っていたぐらいです。

あれって、カメラで言うと、ジンバルの
ようなもので、バイクで凹凸のある
路面を走っても、荷台の料理は揺れない
ようにするための装置なわけですが、
もう50年も同じ仕組みのものが使われて
いるので、じつは優れた発明のひとつ
なのかも知れません。

●●●

その点、U社の配達に使われている箱の
ような背負子(しょいこ)って、スマート
だけど、大丈夫なん?って思ったりします。

確かに商売の形はこれまでに無かったけれど、
配達方法としては、未来の姿なのかな・・・。

2020-07-08

なかみはわからない。

水害の被災地で、子どもが後かたづけを
手伝っている様子を美談にすべきではない
という話があります。不衛生な状況での
ケガや感染症を心配した意見です。

そういう意味では、大人でも危ない
ような気もしますが、暑くて水にぬれる
とはいえ、サンダル、短パン、半ちょげ、
素手というのは、危険性が増すと思います。
現場で頑張っている人からしたら、

「当事者でもないのに、るせーよ」

と言われそうですが、十分に注意して
いただきたい・・・と、切に願います。

●●●

この数年で「線状降水帯」という言葉が
広く認知されるようになっていると思います。
列をなした雨雲が停滞したり、同じ場所を
通過することにより、連続的に大雨が降って
しまうエリアのことをさします。
いまどきはレーダーで捉えた雨量の分布が、
色分けされた画像で示されますが、
タイムラプスで見ると、確かに帯状になった
降水帯が同じような場所を通っている
様子がわかります。

あれって昔からあって、解析の精度が
上がったから可視化できるようになっただけ
なのでしょうか、それとも、いわば新たな
現象として多発しているということ
なのでしょうかねぇ・・・。

●●●

「計測したから明らかになった」なんて
いうと、ついついPCR検査の解釈を思い浮か
べてしまうのですが「検査数を増やしたから
陽性者数が増加したように見える」という
主張は、無意識のうちに「検査したら陽性者
はもっといる(た)ことはわかっている(た)」
と述べているような気も・・・。

2020-07-07

抜きで。

何かの番組で具志堅用高さんが
「ホットアイスコーヒーを注文したい」
という話をしていました。
ホットコーヒーを注文したときに氷の
入ったグラスをもらって、自分で好みの
温度に調整したいそうです。
どうも現役時代は身体を冷やさないように
していたらしいのですが、ときにはアイス
コーヒーも飲みたくなったみたいで、
その方法を考えついたのだとか。

コントなんかではバーで

「焼酎水割り、焼酎抜きで」

なんて、とぼけた注文を出すことがあり
ますけど、いまどきはノンアルコール
飲料が大量に出回っているので、何やら
「ありそうな話」にも聞こえます。

ボクもこのまえ、辛麺の辛くないやつを
注文しました。(マジうまかった)

●●●

グルテンフリーなんていう言葉もあり
ますけど、昨年の秋に、乳幼児には
「牛乳タンパク抜きの粉ミルクを与える
ほうがアレルギーの発症が少ない」という
話がありました。
生後間もない赤ちゃんにミルクを与える
ときに、母乳に粉ミルクを加える場合が
あるわけですが、食物アレルギーを心配して、
調査をした研究グループがありました。

生後3日間、母乳に普通の粉ミルクを
加えた群と、牛乳タンパクを除いた特殊な
ミルクを与えた群で、2年間の追跡調査を
したそうです。

すると、特殊なミルクを与えた群の
赤ちゃんは、そうでない群に比べてアレル
ギーの発症が1/5だったそうです。
全体で302人を対象とした調査だったよう
なので、早期の摂取には関係するのかも
知れませんね。

2020-07-06

経験値を超える

このところ宮崎でもたくさん雨が降って
います。九州南部だと、年間雨量が多い
エリアはあると思うので、都会とは大雨に
対する受けとめ方が違うような気もしますが、
短時間にたくさん降ると、やはり大きな
ダメージは受けます。

数日前から球磨川の氾濫が報道されて
いますが、予想を超えるような降りかたを
したのだと思います。テレビのニュースで
チラッと見たときは、規模をまったく
知らなかったのですが、6日の新聞紙面で
青く塗られた浸水域の図を見て、驚きました。
(NHKのNEWS WEBでは、少なくとも
1,000 ha に及んでいたと記載されて
いました)。

7月6日の朝日には小さく次のような文面が
書かれていました。

球磨川流域は、何度も水害に見舞われてきた。
自身も過去に水害を体験した人吉市議の一人は
「過去の水害を知る人ほど『(今回は)ここは
大丈夫』と考え、避難しなかった人もいると
思う」と話した。

●●●

現場は急峻な谷間ではないので、すごく
長い時間のスケールで見ると、これまでに
何度も氾濫はあったのだと思います。
ただ、30年とか50年の経験では、想像が
つかないですよね。