2019-01-20

英語のおかげで。

ある人が、科研費の申請を英語に統一
してはどうか、もっと言うと、しがらみの
ない海外の日本語が読める研究者が審査を
したらよいのに・・・とつぶやいて
いました。

・・・ぉ、おう。(汗)

●●●

ときとして英語は日本語表記の中身を
つまびらかにしてくれることがあります。
東九州自動車道に、別府湾というサービス
エリアがあるんです。フードコートの
テーブルにメニューが置いてあるんですが、
英語でも書いてあるんです。

冠地どりうどん(Chicken udon)
くろめうどん(Kurome seaweed udon)
肉うどん(Beef udon)
温玉しらすうどん(Half boiled egg
and whitebait udon)
きつねわかめうどん(Fried tofu
and Wakame sea weed udon)
丸天ごぼううどん(Fried fish paste udon)
かき揚げうどん(Kakiage vegetable
tempura udon)
ごまだしうどん(Sesami and fish paste
seasoning udon)
しらす丼(Whitebait rice bowl)
りゅうきゅう丼(Soy sauce marinated
yellowtail rice)

・・・等々。

●●●

たぶんハラールとかの関係もあるので
しょうけれど、肉うどんの「肉」が
牛肉だとか、りゅうきゅう丼にのって
いる魚は、ブリの漬けだというのが
明確にわかりますよね。
「ごまだし」なんかも、そう言われる
よりは英単語の意味を知っていれば
わかるかも・・・。

2019-01-19

なまえ。

就職支援の部屋と、もう一か所、
学内にPC端末が増えるということで、
登録書類がまわってきました。
認証の関係で、機材が固有に持っている
記号(MACアドレスと言います)を
申告してもらわないとアカンのですが、
そこが空欄になっていました。
申請書にどうすればよいか、書いて
あるんだけど・・・。

●●●

申請書類には、PC名を記載する欄も
設けられています。ネットワークに接続
されている端末として、画面に表示
される端末名称のことで、他の端末名と
被っていない限り、自由につける
ことができます。
でね、それを見ていてフッと思った
のですよ。

パソコンって、普通に名前をつける
よね・・・と。

だってほら、機械に名前を付けること
ってあります?例えば、電子レンジとか
掃除機に何か名前をつけています?
マイカーは?せいぜい車種とか会社名
じゃないかと思うんです。
たとえば、アクアとか、ベンツとか。

そういう意味では、ネットの世界って、
しっかり「個」を見ているんですね。
いまさらだけど。

●●●

土曜は、久しぶりに菓子倶楽部さんに
アップルパイを買いに行きました。
育成牧場の道を挟んだところにあった
と思いながらも、今回も通り過ぎて
しまって、引き返しました。

なんだろ、あの隠れ家感。

垣根


お菓子屋さんは
育成牧場の垣根の
すぐ近くにある
のは知っているけど、
また通り越した
...の巻。

2019-01-18

下待ちロケット

延期になっていたイプシロンロケットの
打ち上げは、金曜の午前中に行われて、
成功したようです。今回はメーリングリスト
に登録していたおかげで、打ち上げ日を
逃すことはなく、その時間に空を見上げる
ことができました。

イプシロンは有名なH2Aより小型の設計に
なっているようで、小型の衛星を低コストで
打ち上げることを目的としています。
今回は企業や大学などが開発した衛星を
7つ載せていて、複数の衛星を搭載するのは
初めてだそうです。
そうそう、今回の衛星の中には、話題に
なっていた人工流れ星の会社のものも
含まれているみたいですよ。

イプシロンが低コストとは言っても、
100トンものロケットを宇宙に送り出す
わけで、それなりの金額はかかります。
ウェブのニュースには、今回の打ち上げ
費用が約55億円だったと書かれていた
ので、まだ送料だけで、ぅん10億円は
かかるわけです。

もう、安いのか、高いのか判断できません。

イプシロンロケットは、制御がシンプル
なのも特徴のひとつになっているようで、
打ち上げ管制だけなら、パソコン2台でも
OKなんだそうです(原理的には1台で
制御できるようですが、冗長化するので、
最小限で2台)。

●●●

ロケットは地球の重力に逆らって
凄い速度で飛んで行くので、高度100km の
宇宙まで数分で到達します。

ん?宮崎を起点に考えると、別府は宇宙より
遠かったのか・・・。(汗)

ハズキルーペほすぃ...



思ったより
字が小ちっちゃくて、
悩んでいる。。

2019-01-17

KALDIさん

クリスマスのお菓子は、いくつかの
お店で調達しますが、毎年KALDIさんにも
お世話になっています。品物がオサレと
いうのもあるのですが、同じお菓子が
毎年揃っているというところもお店を選ぶ
理由になっています。

ボクのようなオッサンが一人でブラブラ
していることはあまりないような気が
しますが、女性が多いのは、お客さんだけ
ではなくて、最近は男性の店員さんも、
ほとんど見た記憶がないです。積極的に
女性を採用していそうな感じですね。

●●●

でね、上手な方法だなぁ、と思うのが
店頭でのコーヒー提供なんです。
KALDIさんは、もともとコーヒー豆の
販売に力を入れているわけですが、
いれたてのコーヒーを小さな紙コップに
注いで店頭で無料提供しているのですよ。
ボクがよく行くお店なんかは、近くに
別のコーヒーショップがあるのに、
おかまいなしですよ。(笑)

もちろん、配ると言っても、ひと口か
ふた口で飲みきってしまう量ですけどね、
コーヒーの宣伝にはなるし、カップを
手にしたまま、店内に入ってゆく人も多い
と思うのですよ。(実際にいる)
買う買わないは別として、お客を店内に
招き入れて、陳列を見てもらうだけでも、
コーヒーを配布する意味はありそうな
感じはします。

光は横から


夕暮れどきは
光が横からあたる
ので、雲も昼間とは
立体感が違います。