2022-08-08

試験

今週は実質的に試験週間となっていて、
1年生は月曜、火曜、水曜と試験が
続くようです。夏は暑くて授業になら
ないから、夏休みを設置しているものと
ばかり思っていましたが、これだけ
暑いのに、お盆の直前まで夏休みに入れ
ないというカリキュラムって、

・・・どうなの?

という感じです。
てかさ、8月7日が立秋だったから、
これから入る休みは「あきやすみ」
じゃん。

●●●

まだ試験があるなら、帰省しない
よね、ということで、月曜の2限目は
1年生のホームルームをしました。

試験期間でもあるし、感染防止のため
大学が出席をさせない場合もあるので、
「追試」「再テスト」「再試験」の違い
について説明がありました。

【追試】コロナなどで、大学が出席を
認めない場合や、交通機関の遅れなどに
配慮して実施する代替試験のこと。
採点は通常通り。

【再テスト】試験で合格点に達する
ことができなかった人が受けるいわば
救済試験のこと。一度不合格になって
いるので、再テストが満点でも、
60点にしかならない。

【再試験】出席や課題提出などの
条件は満たしているものの、必修科目
の試験が不合格になってしまった
学生が、2年から3年の進級審査に
クリアするための試験。
2科目までしか受験できず、それぞれ
1回しかチャンスがない。

いずれも自分で手続きをしないと
受けられないわけですが、区分やら、
手続き窓口やら、担当教員との
コミュニケーションやら、
学生にとってはわかりにくいのでは
ないかな・・・。

もちろん、科目担当の教員も試験
問題を作らなければならないし、
日程調整して試験を実施する必要が
あるし、採点もするので、できれば
1回で・・・という思いはあるで
しょうね。

2022-08-07

これガチなやつや。

Twitter のタイムラインに、
「何を言っているのかわからない」
地図付きのツイートが流れてきました。
ちょっと引用してみます。

山に特に興味がない人もTJARという
富山湾から駿河湾まで走り抜けるという
ちょっと何言ってるか分からない
レースがあり今日開催さている事を
知ってほしい
(2022-08-07, @tam555ingressさん)

●●●

リンクをクリックしたら、黒部ダムの
西側を通るルート(山道)に30人ぶんの
現在地がピンポイントで示されて
いました。

で、TJARのサイトに行ってみたら、
Trans Japan Alps Race という名称の
トレイルランニングのようです。

「日本海/富山湾から太平洋/駿河湾まで
その距離およそ415Km。北アルプスから
中央アルプス、そして南アルプスを、
自身の足のみで8日間以内に踏破する」

とか、

「多くの助け(エイド・サポート)を
受けてのチャレンジではなく、自らの力
で走破することを目指しています」

と、書いてありました。

●●●

最初はNHKのグレートトラバースを
レースにした感じかと思ったのですが、

「なんらかの事故やトラブルが起きても、
全て自己対応となります」

とも記載されていました。
GPSで追跡というのは、そういう意味も
あったのか・・・と。
山岳レースなので、安全なんていう
ことはないのでしょうけれど、
気象から考えると、今のシーズンしか
実施できないのかも知れません。

2022-08-06

峠の釜めし

朝日新聞の「ご当地紀行」に東京
神田の高架下にできた「峠の釜めし」が
楽しめるお店が紹介されていました。

ボクは久しぶりにその名を聞いて
何やら懐かしい感じがしたのですが、
九州の学生さんは「峠の釜めし」と
聞いても、ちょっとイメージできない
かも知れないですよね。

東京から長野に向かう信越線という
路線があって、群馬県と長野県の県境
にある峠の駅(横川駅)では、昔から
素焼きの釜に入れた釜めしを駅弁と
して販売していたのですよ。
ボクも車窓から駅弁を買った経験
なんて数えるほどしかありませんが、
そのうちの1回は、峠の釜めしです。

列車の停車時間が十分に長いときは、
駅弁を買ったり、ホームに降りて
蕎麦をすすったりできるわけですが、
車内に荷物をおいて、ホームに降りる
のは、見ているだけでハラハラします。
実際に、乗り遅れてホームで駅弁を
抱えて列車を見送る人を見たこと
があるし・・・。

●●●

かつての横川駅で、釜めしを売って
歩く時間があったのは、こう配の強い
峠を越えるために、先頭にけん引の
動力車を連結する(あるいは切り離す)
作業が必要だあったからです。

2022-08-05

最終課題

今期の1年生の演習が終了しました。
いろいろバタバタで、ご迷惑をおかけ
したと思っていましたが、授業評価の
書き込みを見たら、ポジティブな
ものが多くて、ありがたいです。

●●●

最終回の内容は、パスワードを変更
する方法の案内と、必須課題の説明が
メインでしたが、後半はさっそく
その課題に取り組んでもらいました。

宮崎の夏が暑くなっているのかを
気象庁のデータを使って自分なりに
評価するという内容の課題です。
分析した結果をパワポのスライドに
まとめて提出してもらいます。

質問を受けながら、どんな方向性で
整理するのか、学生さんたちの画面を
見てまわったわけですが、なかに
思うようにデータのダウンロードが
できない学生さんがいたのですよ。

きっと、日ごとの最高気温を50年ぶん
切り出したいのだろうな、と思って
見ていたのですが、相談されても
いないので、こちらから先に口を出す
わけわけにもいかず・・・。

●●●

いわば力づくでもできるけれど、
手作業で切り出すのは、別の課題に
なってしまうようなところもあるし、
他にも似たようなことを考える
学生さんがいるかも知れないので、
50年ぶんの最高気温と最低気温の
日ごとのデータをこちらで Excel の
ファイルにまとめて提供することに
しました。

R を使えば、ラクに切り出しが
できるのではないか・・・と思った
のですが、R にさわるのは、かなり
久しぶりでして、思いのほか時間が
かかってしまいました。
(早くも、どちらの課題かわから
なくなっている感じがする)

2022-07-22

勝手に梅雨明け修正

春夏秋冬って、当たりまえですよね。
季節ができる理由も理科の授業で
習っているわけだし。
でもでも、50回以上も経験すると、
あまりに規則的なので、かえって
不思議に思えたりもします。

毎年お約束のように梅雨になる
けれど、べつに誰かがスイッチを
入れているわけではないですからね。
自然の中には不確定な要素が
たっぷりあるはずなのに、毎年同じ
時期に梅雨に入って、やはり同じ
ような時期に梅雨が明けます。

梅雨明け直後は、それまでの数日が
ウソであったかのようにパッと
青空が広がったりするわけです。
(あとだしジャンケン的に言うと、
今年の九州南部の梅雨明けは7月22日
が正解ではないかな)

木曜の午前中に Microsoft Teams が
不調だったようで、画面が白くなって
しまって動かない・・・と英語の
先生が準備室にやってきました。
ちょっと見せてもらったら、

Operation failed with unexpected error.

と、あっさりしたメッセージ。
これも、これもと見せられていたら、
ある学生さんが

・・・twitter に出てます。

どうも、海外でも似たような感じに
なっていたようです。

2022-01-23

あっぶねー。


 ひとのカートに
勝手に入れようと
してるし...

2021-10-23

さんみつ


 密集・密接・密閉
でござる。