2021-06-15

きいたことあるはず。

小林亜星さんが逝去してしまいました。
もちろん本業の作詞作曲では、とてもよく
知られている人だけど、ボクたちの世代だと
「寺内貫太郎一家」というドラマとか
「♪パッとサイデリア~」というCMに出演
していたときの姿が思い浮かぶのでは
ないでしょうか。

昭和アニメの曲もたくさんつくっていて、
怪物くんも、ひみつのアッコちゃんも、
魔法使いサリーも、ガッチャマンも・・・、
新聞に載っていた楽曲のリストを見ながら、
みんな亜星さんがつくったのかと、
あらためて。

でもでも、学生さんたちの世代でも
「♪このーき なんのき きになるきー」
という日立のCMで流れる楽曲だとか、
「♪あなたと こんびに ふぁみりーまーと」
というメロディーは、ぜったいに耳にした
ことがあると思います。

●●●

亜星さんの作品に、ブリヂストンが
使っていた「どこまでもいこう」という
CMソングがあります。

で、そのメロディーの一部が他の楽曲に
無断で使われているということで、 
亜星さんが訴訟を起こしたことがあり
ました(もう20年ぐらい前だったかも)。
その相手が、これまた有名な作曲家だった
こともあって、驚きだったんですけどね、
当時、何かの情報番組で、問題になった
部分が解説されたことがあったのですが、
音楽センスのないボクには、どこが似て
いるのかよくわからなかった記憶があります。

結局、亜星さんの勝訴となりましたが、
見る人が見るとわかるというか、見る人が
見ないとわからないものだな・・・と
思ったものでした。

ドラマなんかで楽曲盗用を題材にされて
いるときって、その訴訟がモチーフになって
いるのではないかと思うことがあります。

2021-06-14

カラス

信号待ちをしていたとき、フッと横を
見たら、電柱の下にいくつかのゴミ袋が
まとめて置いてありました。たぶん
その地区の収集日だったのでしょうけど、
そのすぐ脇に1羽のカラスがいるのに
気づきました。

こいつ、やる気だな・・・。

と、運転席から見ていたんです。
ほどなくゴミ袋をつっつき始めましたが、
その前に、しっかり周囲を確認している
のですよ。信号待ちの車は無視ですけどね、
丁寧にゴミの両側に回り込んで、電柱の
近くにある住宅の様子をうかがって
いるのですよ。もうね、指さし確認して
いるんじゃないかというレベルで。

痛い目にあった過去があるのかも知れ
ないですけど、あれはきっと衝動的という
よりは「計画性のある犯行」に区分される
のではないかと。

●●●

わりと最近、YouTubeで見たのですが、
牛乳瓶のような容器に入った水をカラスが
飲む様子をとらえた動画が紹介されて
いたんです。瓶の水を少し飲むと、水面が
下がってしまうので、くちばしが届かなく
なるのですよ。

でね、驚いたことに、そのカラスは
近くに転がって いる小石を瓶に入れては、
瓶内の水面をあげて飲んでいるのですよ。

どこで学んだのだろう・・・というか、
まさか仕組みを考えたんじゃないようね、と。

●●●

カラスの脳が発達しているのはわかる
のですが、宿舎の階段下に置いてある肥料
の袋をつっつくのはやめてほしいです。

てか、いい加減食べ物じゃないことに
気づけよ、と。

2021-06-13

例示すれば、そう書くでしょ。

空港での検疫方法には問題があると
ずっと言われ続けていますが、
またもや ゆるふわな対応が発覚した
ようです。

オリンピック関係者の場合は、
事情が認められたら14日間の隔離
要請は回避できるシステムになって
いるらしいのです。

てっきりその事情というのは、
何か特別な ウィルスフリーの証明
なのかと思いきや「入国後すぐに
活動しないと運営に重大な 支障を
きたす」でもよいのだとか。

えっ、そっちが優先なの?

●●●

入国に必要な申請書は、もちろん
その場で書いてもよいのでしょうけど、
スムーズに手続きするために、関係
者は事前にフォーマットを入手して
文書を準備してくるわけです。

アンケートで言えば、自由記載の
項目になるわけですが、記入する側
からすれば、何をどこまで書けばよい
のか気になると思うのですよ。
範囲や精度がわからないと申請に
必要な情報を提供できないからです。

だから、書面に例示があれば、その
まま書くというか「そのまま書くべき」
だと思っても不思議じゃないですよね。
「例示のコピペだったら、はじく」
とか、「例文のコピペの実態は無い」
だなんて無理があるでしょうね。

その意味で、やっぱり地平が違う
のかも。

2021-06-12

ハオい。

いつの間にか浸透している言葉だとか
仕草ってあります。若者の間で流行って
いる場合、子どもがいる家庭なら、
まだ耳にしたり目にする機会はあると思う
のですが、ボクの場合は周回遅れすぎて、
「という意味らしいよ」と、同世代から
聞いたりすることもあります。

学生さんたちは、近くにいるけれど、
ボクみたいなオッサンにそういう距離で
話したりはしないですからね。(汗)

指ハートの「きゅん」みたいな仕草も
そうだったのですが、「エモい」なんて
いう言葉も、エモーショナルという単語が
もとになっていて、ちょっとした感動を
表すときに使われる「らしい」、
というだけで、いまだにどんな場面に
使うのが正解なのか、よく知りません。

定義そのものを求めてはいけない類の
話なのかも知れないけど・・・。

●●●

 わりと最近になって耳にした言葉で
いうと「ハオい」がそれです。
浸透しているのかどうかすら知らない
ですけど、中国語ではグッドを
「好(ハオ)」という言葉で表現する
わけですが、中国(現地)の クオリティ
をしっかり出せている「モノ」や
「サービス」をハオいと言ったりする
みたいです。「本場の」というか
「本来の」という意味も含んでいる
のでしょう。

海外で食べる「すし」は、国内のものと
違う思った方がよいと言われたりしますが、
中華料理も本場の人からすると、日本人向け
にアレンジされたものが多いのでしょうね。
ボクたちが美味しいと思っている中華料理も
現地の人からしたら「ニセモノ!」という
感じなのかも知れません。

2021-06-11

出現。

消息不明だった大蛇が姿を現し、
黒い怪鳥が地上に降り立ち、金色のウナギ
発見ときて、今度は四ツ目のカモシカが
見つかるだなんて、何やら映画のような
展開になっているのではと思いきや、
四ツ目ではなく、眼下腺という器官を目と
錯覚しただけのようです。

●●●

今週は、看護大でも野生動物についての
注意喚起がありました。どうも大学の
敷地内にサルが出没したらしいのですよ。

近くの里山に棲んでいるみたいなので、
何年かに一度は近隣で目撃されますけど、
今回は、子ザルと親ザルがそれぞれ
目撃されているみたいです。

金曜のお昼に学食に行ったら、食堂の
かたが、サルがすぐ近くまで来たという
話をしてくれて、自分のスマホで撮影
したという動画まで見せてくれました。

たしかに事務局の駐車場わきを移動して
いる様子がとらえられていて、適度な
手ブレが、未確認生物に遭遇したときの
映像のような雰囲気を醸していました。(汗)

でね、サルは目を合わせたら向かって
くると言われているけれど、目が合った
瞬間のサルは、

・・・で?

みたいな反応だったようで、とくに
威嚇するわけでも、警戒するわけでも
なかったようです。

2021-06-10

新店舗に行ってみた。

ときどき日用品やDVDディスクを
買いに行っているディスカウント
ショップがあるんです。

お風呂の石けんを使いきってしまい
そうだったので、先週、買い物に
行ってみたら、お店にあかりがついて
いないのですよ。あれれ・・・、
と思ったのですが、土曜に別の道を
通ったときに、店舗を移転していた
ことに気づきました。

あ、そっちかー。

それで、あらためてオープンした
ばかりのお店に行ってみたら、
売り場面積がかなり広くなっていた
だけでなく、今度はお惣菜だとか、
生鮮食料品も売っている、安売りの
スーパーになっていました。

これまでも、生鮮品は販売していま
したけど、飲料やヨーグルトのように
やや日持ちする商品だったので、
鮮魚だとか青果まで並んでいるのを
見て、ちょっと驚きでした。

●●●

石けんを買ったのはよいのですが、
支払いはセルフカウンターでして、
「レジで袋をくださいと言ったのに、
袋がないな」なんて思っていたら、
うっかり「現金」をタップするのを
忘れてコインを投入してしまった
のですよ。そしたら、痛恨の
エラー表示。

しかたなく、やりなおしてみたら、
今度は「係員を呼んでください」と
いうメッセージが出てしまいました。

待つこと5分、マネージャー的な人が
出てきてリセットをしてくれたのですが、
結局は最初からレジを打ちなおすこと
になりました。(所要時間15分)

うまくいかないにしても、 小計496円
の支払いに失敗しているという
レシートはあって、目の前に現金も
あるのだから、ボクがその場にいる
必要はないと思うのですが、
「いてください」とのことでした。

リセット後に、隣のレジでもう一度
バーコードを読み取ってお金を投入
したら、なぜかおつりが出ました。

で、新しいレシートを見たら、
先ほどは 496円だったのに、今回は
495円になっていました。石けんは
90円だから、やっぱりレジ袋をつけ
忘れていたのではないか・・・と。(笑)

2021-06-09

逆ギレ?

ボクは目の前にあるスーパーには
あまり行かないのだけれど、このまえ
ちょっと買い物に立ち寄ってみたら、
お惣菜コーナーのお弁当が凄いことに
なっていました。

あ、いえ、価格のことです。

どこのスーパーにもありそうな、
というか、むしろ盛りがよいぐらいの
お弁当が300円で買えたりするのですよ。
ワンコイン(500円)というレベルでは
なく、もはやスリコ状態なのです。

つい最近、新聞にそのスーパーの折り
込みチラシが入っていました。
いつも昔ながらの2色刷りチラシで、
ブログのような店長のコメントが
入っているわけですが、そこにお弁当の
記載もあって、

「逆ギレ弁当シリーズ」
安さの秘密は、ただ単に大幅値下げ
しているだけです。

と書いてありました。

逆ギレって、どういう意味だろ・・・と。
ふつうは非がある側が、逆に怒り出す
という意味ですが、少なくとも「非」は
無いですよね。だって安いんだから。

もしかして客側が「高すぎ!」と文句を
言うのではなく、店側が

「安くて何がわるい!」

と、ヤケになっているイメージなのかと
思ったのですが、ひなた宮崎経済新聞
(2020-01-13)を見たら、

今回の「逆ギレ弁当」の由来は
「特に意味はない。購入したお客さま
それぞれが自由に解釈して楽しんで
もらえるといい」と話す。

・・・だとか。(汗)